Wednesday, February 03, 2016

頭に軽、頭にプリウス

妹がエステシャンなので時々、内緒で面白い話を教えてくれる
曰く「姉ちゃん、老後のためにカツラ資金が必要だよ!普段用とスペアで軽自動車分かかるって」
我らは、母や叔母たちが割とフサフサだったので「まぁさ白髪になっちゃったら綿あめみたいな薄いピンクに染めようかね」なんて、言っている
多分買っても自毛を隙間から出すタイプだよねーなんてまだまだ軽く考える程度


本日の新世紀落語の会は全部、面白かったんだけどもトリの仁智師匠が これでもかーっていう位、暇なくかぶせてきて大笑いだった
はーーー
まだお腹いたいよーー@電車の中


続く


続き

子らも私も仁智師匠ファン歴9周年目で もう出囃子のオクラホマミキサーが聴こえてくるだけで口元がにやけてしまう
1番始めは前列真ん中のにぎわい座、ちょうど9年前ですね!
( 節分の豆まきあったもんね )
小学生だった次女は椅子から転げ落ちそうに笑い、シニカル中学生だったお姉ちゃんもゲラゲラ!
確か翌年?の銀座の落語会でCDにサインを貰った時も感動してたもんなー

私は文才ないのでうまく説明できないけれど、高座が沖合で、客席が砂浜だとするとね、サーフィン出来ないけど
「いい波が絶え間なくくる感じ」なの
客席の横幅の波!

時に「あっ次はアレ来そう」とか予想出来ても、笑わずにはいられないの

この感じはちょっと他ではないの

おまけにね
老後の関西住まい ( 予定です ) が楽しみになってきたのね
あと、結構辛いなぁなんていう事も笑っちゃうと大丈夫!という

以前なら
(例) おでこのシワ → 深まる → ブルー → もうやだ → 更年期の気分に浸る
だったけども不可逆的なものはどうしようもないから笑い飛ばせばいいのかなーーという

 

次も必ず行きますわーーー



No comments: