Saturday, February 20, 2016

空耳

私は霊感とかそういうの全くわからない体質だし必要最小限の信仰心しかないけども
今までに2度「あー知らせてくれてるな」と感じたことがある  
  
・亡母の臨終の時刻に激しい咳き込みが数分続いて、止まらなくて涙がでて水を飲んで落ち着いた途端、知らせが来た  
・母方の叔父の時も、コンサートの丁度合間の休憩時間に激しく、だけど短い時間、咳き込んで「もしや?」と思ったら知らせが来た

どちらも肉親だから怖い!とかは全然なくて「頼むよ」ということなんだろうなーとそんな風に思っている

前置き長いけども、今日は昼頃 次女と昼ごはんを食べるのに
「じゃチンしてる間トイレ行くわー」
「ママ、この味食べてみるわー」と言った途端
「私も食べるよー」と声が被さったらしい
聞こえたのは次女だけ

彼女は小学生の時に、下校時に信号無視で突っ込んできた乗用車に危うく轢かれそうになったことがあって、その時は後方から「名前を呼ばれたんだよー」「振り返ったから、足が止まって轢かれずに済んだの」

なんだろー?
会ったことないけどおばあちゃんなのかなー?と思っている様子


今日は母の3番目の孫である姪の高校受験の合格発表の日だったから
「きっと合格して安心して、ちょっとこっちに来てみたのかもねー」なんて言ってたら、無事合格の電話が来ました

おしまい

No comments: