Thursday, January 14, 2016

上方落語会最後の四天王

桂春団治師匠がお亡くなりになったというニュースを見て今朝からブルーだった
ご本人が唄っているとずっとおもっていたぼんとくの「難波恋しぐれ」を聞いて泣きました。
(つい先日はデビットボウイの訃報)

渋谷で一挙に上方落語オールスターズを聴くことができた渋谷繁昌亭で「いかけや」から始まり、「お玉牛」等々、子らは小学生中学生で拝見することができ すっかり落語ファンに育ちました。

私はブログを遡ると
渋谷繁昌亭はもとより
2012の東西最長老揃いぶみの会
「代書屋」
押しも押されぬ大御所なのに、この機会からまた末長くお付き合い下さいというご挨拶におどろき

2010 この人百芸一話@横浜能楽堂
「野崎参り」
手を伸ばせば、届きそうな目の前でダンディ振りに感動
が印象的です


今日は

この会に行ってきて
当然のようにこの大先輩の話にも繋がり 尚一層しみじみしてきたのでした。


No comments: